ビープレス(BE PRESS)のサイズ展開について

年齢を重ねると代謝の低下やその他の要因から段々を体に脂肪がつきやすくなり、あっという間に太ってしまいます。

 

しかも太るのはあっという間にも関わらず、痩せることは難しくナカナカ元の体型に戻ることができません。

 

それに加え姿勢の悪さや猫背が益々スタイルの悪さや本来のサイズより太っているようにも見せます。

 

上半身が引き締まり姿勢が良いと身体全体のスタイルもアップしたように感じます。

 

そんな上半身のダイエットに効果的として人気を集めているのがビープレス(BE PRESS)の加圧式インナーです。

 

ビープレス(BE PRESS)の加圧式インナーにはサイズ展開はあるのでしょうか。

 

ビープレス(BE PRESS)のサイズが合っていないまま着用しては効果も半減してしまいます。
こちらでは、ビープレス(BE PRESS)のサイズ展開を詳しくご紹介したいと思います。

 

 

<ビープレス(BE PRESS)にサイズはあるの?>

 

着るだけで上半身のダイエットに成功するだけではなく、姿勢も矯正しスタイルアップにつながると大評判のビープレス(BE PRESS)。

 

そんなビープレス(BE PRESS)ですが、どなたでも着用することはできるのでしょうか。

 

ビープレス(BE PRESS)は普段着として着用し、運動時だけに着用しなくても、毎日のオシャレとして着用することもできる加圧効果のあるインナーです。

 

装飾のない王道なデザインのため、どんな服にも響かないのでボディメイクしながら楽しく着用することができます。

 

毎日着用するだけでダイエットに効果的なのは嬉しいですね!もちろん運動時のトレーニングシャツとして着用すると加圧の効果により、運動率はアップします。

 

それではビープレス(BE PRESS)にサイズ展開はあるのでしょうか。

 

せっかくこのような素敵な効果があるとすれば多くの人たちが試してみたいと思うことでしょう。しかしサイズ展開が分からなければお試しで着用することさえできません。

 

早速ビープレス(BE PRESS)のサイズ展開をご紹介します。

 

ビープレス(BE PRESS)の公式サイトには詳しいサイズ表が記載されていました。

 

ビープレス(BE PRESS)の公式サイトによると商品のサイズ展開はSサイズとMサイズの2展開のようです。

 

そして着用する目安は締め付け感を感じる一つ下のサイズをオススメします。

 

元々ビープレス(BE PRESS)には加圧効果があるため伸縮性には富んでいますがきつく感じます。

 

1つ下のサイズを選ぶことにより加圧パワーを体感することがオススメです。

 

着用を続け締め付け感が緩く感じてきた場合にはサイズをもう一段階引き下げるか、新調することがポイントです。

 

ウエストが55cm〜65cm・バストが70cm〜75cmの人はSサイズ。ウエスト65cm・バスト75cmの方、ウエスト55cm〜60cm・バスト80cmの方はSサイズかMサイズがオススメです。

 

ウエスト55cm〜65cm・ウエスト85cm〜90cmの方、ウエスト65cm・バスト80cm〜90cmの方、ウエスト70cm〜75cm・バスト70cm〜90cmの方はMサイズがオススメです。

 

 

【ビープレス(BE PRESS)のサイズのまとめ】

 

ビープレス(BE PRESS)には、SサイズとMサイズがあるようです。

 

普段着用しているサイズより1サイズ小さめのサイズを着用することがオススメのようです。

 

ビープレス(BE PRESS)の公式サイトには詳しいサイズ表や正しい着用方法も載っています。

 

ご興味のある方は一度公式サイトを覗いてみてはいかがですか。

 

>>ビープレス(BE PRESS)の詳細はこちら